LAPOCシステム義足 多リンク式安全膝 SwanS

● 製品について

【使う人の要求を、作る人の立場で考えました】
LAPOCシステム義足は、すべてのLAPOC骨格構造型モジュラー義足システムの基本となり、あらゆるユーザーに適応するパーツをラインアップしています。装着される方に合わせて、幅広いパーツ選択が可能です。SL義足・小児用義足との相互互換性があります。

● 特長

●立脚相中期でSwanSのリンク変位はゆっくり回復して基本の4節リンクに戻り、遊脚相での屈曲が可能となります。
●立脚相前期でSwanSのリンクが弾力的に変位(軽度屈曲・4°以内)することにより体重心の上下動を減少させると同時に、立脚相で身体が床から受ける衝撃を吸収し、前進運動をよりスムーズにします。
●SwanSは、小容量の空圧シリンダと強めの伸展補助ばねを備えています。そのため、適応となる低活動のユーザーや、義足使用開始直後のユーザーでは、基本的には遊脚相でSwanSの屈曲は起こりません。しかし、歩行訓練を行うにしたがって、少しずつ遊脚相で屈曲させながら歩行することができるようになります。
●SwanSは活動度の低いユーザー向けに、さらに安定性の高いリンク構成に変更しています。それに伴い、立脚相初期によりバウンシングしやすくなりました。
●M07-001 Swan伸展補助ばね調節キット(別売)を用いることで、伸展補助ばねの強さを調節することができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。