Mシェイプド・トランスイリアック・プレート

● 製品について

【少ない侵襲で骨盤後方部を強力に固定、安定化。】
骨盤後方部の損傷を伴う不安定型骨盤輪骨折においては、骨盤後方部の安定化が最も重要です。Mシェイプド・トランスイリアック・プレートは後方侵入により、両側の仙腸関節をまたぎ、傍脊柱筋群下を潜らせ、仙骨を横断する形で長骨にプレートを固定することにより、少ない侵襲で骨盤後方部を強力に固定。安定化させることができます。

● 特長

●両側後上腸骨棘直上の縦切開による小さい皮切
●プレートを傍脊柱筋の下を潜らせる事による筋の保護
●骨盤の形状にフィットし易いM字デザイン
●4.5mmコーティカルスクリュー, 6.5mmキャンセラススクリューが使用可能
●腸骨の厚く硬い部分にスクリュー固定させることと、プレート側方のホールから仙腸関節を貫通して仙骨へスクリュー刺入することにより、スクリュー単独固定法やサクラルバー法では固定の弱かった両側仙骨骨折例や、仙骨粉砕骨折例においても固定力があります
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。