干渉電流型低周波治療器 スーパーカイネ SK-10WDX

● 製品について

【患者さんにも、スタッフ様にも、医療機関様にもやさしい干渉低周波治療器】
周波数の異なる搬送波を身体に流すと、干渉しあう領域に干渉低周波が発生します。それを利用した干渉低周波治療法は、不快感なく電気エネルギーを身体に与えることができ、治療部位に十分な刺激を加えることができます。ミナト医科学では、独立した治療モードで6チャンネル同時に稼働できる干渉電流型低周波治療器スーパーカイネSK-10WDXの開発に成功。最も進化した機能とすぐれた操作性によって、一人ひとりの患者さんに最適のモードで同時に6人治療することが可能になりました。

● 特長

●一人ひとりに最適のモードで治療できる完全独立6チャンネル
●新設計のスリムフィット導子
●症状に応じて選べる新治療モード(特許申請中)
●6チャンネルを効率的に稼働させるスタンドリモコン(オプション)(特許申請中)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。