低周波治療器 テンスカイネ NF-T

● 製品について

テンスカイネNF-Tは、鎮痛と廃用性萎縮の萎縮遅延を目的とする定電流型の経皮的電気刺激装置です。ペインクリニック用としては患者さんに不快感を与えずに深部組織に浸透させることが重要でそのために波形、治療パルス幅、通電方式等を「気持ちよく治療を受けられる」ようにとのコンセプトで設計されています。

● 特長

●鎮痛と廃用性萎縮の萎縮遅延を目的とする定電流型の経皮的電気刺激装置
●2種類の治療波形の他、6つの治療周波数と3段階の治療パルス幅による組み合わせが可能。
●低周波と高周波を効率的に制御し、患者さまに心地よく治療を受けていただけます。
●スタンダードタイプのNB-T2台を格納した2人用経皮的電気刺激装置です。
●オプションの温調導子により冬期でも冷たい不快感がありません。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。