赤外線治療器 ハートビーマ HB-100

● 製品について

【ESPERヒータが可能にした、予熱がいらない急速昇温とリズムモード。】
これまでの赤外線治療器は、設定温度に到達し、治療可能になるまでかなりの時間を要しました。赤外線治療器ハートビーマは、独自のESPER(※ElectricSkin Photo Etching Radiator)ヒータを採用することにより、予熱することなく急速昇温。煩わしい待ち時間を一気に解消しました。さらにこの画期的なヒータは、省エネ化に加え、リズムモードなど今までになかった全く新しい治療モードを実現しました。
赤外線治療器は古くから温熱療法として、筋肉痛、神経痛等に利用されてきましたが、最近は温熱効果の優れた遠赤外線が注目されるようになってきました。特長としては遠赤外線の持つ共鳴吸収、深達作用により、穏やかに効率良く深部まで温まり、そのぬくもりは治療を終了した後でも残存するため、この穏やかな「温熱効果」が自然の理にかなった温熱療法であると言えます。

● 特長

●これまでの高速応答型ヒータに比べ、待ち時間を大幅に短縮しまいた。
●リズムモードで、これまでになかった心地よい温感が得られます。
●治療温度は5段階の設定が可能です。
●ヒータが急速に昇温するため予熱しておく必要がありません。したがってムダな電力消費がなく、非常に経済的です。
●治療終了後、温度が急速に下がるため、降温を確かめることなく、治療器からすぐに離れることができ、安全にご使用いただけます。
●ヒータが以上に加熱すると、ヒータへの給電を停止し、異常を知らせる警報音を発します。長時間でも安心してご使用いただけます。
●ハートビーマは一度設定した治療時間、温度、治療モードを電源を切っても記憶しているため、治療のたびに設定しなおす必要がありません。
●治療温度を設定し、治療を開始するだけです。複雑で面倒な操作がなく、スイッチオンですぐに使えます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。