自動経皮椎間板切除システム ニュークレオトム システムII

● 製品について

侵襲が少なく安全で簡単な髄核摘出術を提供します。

● 特長

●髄核摘出術として侵襲が極めて少なくて済みます。
●骨切除すること無く、髄核まで到達できます。
●繊維化を招く硬膜外腔を避けることができます。
●血液ロスを少なくできます。
●局所麻酔下で手技が行え、リスクを低減できます。
●病院滞在日数が少なくて済み、経済的効果があります。
●治癒開腹時間が短くて済みます。
●約14万症例の実績で、本手技に起因する死亡例は報告されていません。
●合併症は1%以下です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。