上肢交互運動器 椅子型

● 製品について

片麻痺や四十肩・五十肩等、肩関節疾患の運動療法で使用します。
健側の手で患側肢の他動運動を行い、肩関節の可動域増大と筋力増強を図ります。砂袋を用いた抵抗運動による関節可動域訓練や筋力増強訓練も可能です。

● 特長

●肩関節の可動域拡大・維持にたいへん効果的です。
●「四十肩」「五十肩」予防の対策に役立ちます。
●滑車の仕組みを用いて、肩をどの程度ストレッチするか自分で調整することができます。
●ロープの長さを調節することにより、さまざまな腕の長さに対応できます。
●移動用のキャスター付ですので、設置場所を選びません。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。