手術用テンプレート作製器具 インプラントシュリッテン

● 製品について

【インプラント手術をより正確に】
インプラント埋入手術時に、用いられる「外科手術用ガイド」を製作するために使用される機器です。この機器を用いることによって、X線診断結果から得られたドリリングの最適な位置と方向を埋入手術に正確に伝達することができます。

● 特長

●X軸・Y軸方向に0.1度単位で、最大40度までの角度調整が可能です。
●対象の部位を問わない多くの症例に対応できます。
●各社インプラントシステムに対応することができます。
●X線検査用ステントから外科手術用ガイド製作まで高い品質管理が行えます。
●インプラント以外のアタッチメント技工やコーヌスクラウンの製作、回転義歯の設計等に対応できます。
●外科用手術ガイドには、埋入位置指示ピン及び方向指示棒タイプ、ドリルガイドタイプ、ステント改造タイプの3種があり作製が可能です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。