ミューワンHAインプラント TSタイプ

● 製品について

【さらに進化! 埋入しやすさ、初期固定の良さを実現】
ミューワンHAインプラントのTSタイプは、インプラント先端部よりねじ谷径がテーパー→ストレート→テーパーとなっている独特のコンビネーションテーパードボディと、下向きの三角型ねじ山のセルフタッピングスレッドからなる、良好な埋入性と初期固定が得られる形態を有しています。

● 特長

●骨吸収は無視できる程少なく、長期に安定します。
●骨への埋入性、および初期固定が大幅に向上しました。
●1〜2μmのスパったHA膜に(スパッタイト™)より剥離のリスクを解消
●50〜80nmのHA微結晶により良好な骨結合性
●チタンインプラントと同等の感染への高い抵抗性
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。