透析Synapse

● 製品について

【システムと透析装置の双方向通信を実現】
このシステムは、「血液透析装置に関する通信共通プロトコルVer 3.0」により透析装置との連携を実現。電子カルテ・オーダリングに透析支援システムを包含した透析センター向けパッケージです。

● 特長

●透析センターでの使用に最適化した電子カルテシステムです。
●患者さんに関わる全ての職種が同一システムを使用して情報共有を効率化します。
●「血液透析装置に関する通信共通プロトコルVer3.0」により透析機器との連携を実現しました。
●毎回の血液透析記録に加えて、温度板機能によりバイタルや検査値の約2ヶ月分の連続的な推移を確認することができます。
●ベッドサイド〜ナースセンター(リーダーナース)〜ドクター間と、入力した内容や指示がリアルタイムに反映し、迅速な情報共有をサポートします。
●通信共通プロトコルVer3.0に対応した透析装置であれば装置メーカが混在した場合でも一つのシステムで対応可能です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。