補償光学網膜 イメージングカメラ rtx1™
製造販売企業:株式会社バイタル|製造企業:Imagine Eyes社(フランス)

● 製品について

【Cellular-level retinal imaging for advancing clinical research.】
Imagine Eyes社(フランス国オルセー市)が開発した補償光学網膜イメージングカメラ(rtx1)は、従来の眼底カメラに補償光学技術を搭載しています。これは眼球内の角膜や水晶体に存在する歪みを、リアルタイムで計測し、電子制御装置を介し補正することで従来の眼底イメージング機器に比べてはるかに鮮明な眼底像を得る技術です。
網膜病変の早期発見や、治療効果の判定には細胞レベルでの網膜の微細変化を検出する必要性があると考えられております。rtx1で得られる最大画面分解能は2μmであり、視細胞や網膜毛細血管、神経線維層などをen-face画像で見ることができます。

● 特長

●天文学分野で開発されてきた補償光学システム(完全自動制御補償光学システム)が搭載されています。
●眼球光学系の収差を低減させます。
●最大2μmの水平分解能を実現、生体眼における細胞レベルでの網膜観察が可能です。
●生体眼における視細胞錐体モザイク、網膜毛細血管、視神経線維層、さらには視神経乳頭や篩状板の詳細が観察可能に。
●撮影波長850nm、撮影は簡単です。
●付属ソフトウェア(‘AO Detect™')を用いて錐体細胞密度や細胞の配列の規則性などを評価
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。