経皮的髄核摘出用デバイス enSpire™IDシステム
製造販売企業:株式会社バイタル|製造企業:Spine View Inc.社(アメリカ)

● 製品について

【椎間板ヘルニア 経皮的治療への新たな提案】
enSpireIDシステムは短時間で効率的な椎間板髄核の摘出を可能にします。

● 特長

●椎間板ヘルニアの経皮的髄核的術の際に使用するもので、16Gのカニューレを用いて、効率的に髄核摘出を行うことが可能
●出し入れ可能なワイヤー(使用時直径7mm)を回転させ、髄核を摘出し、オーガースクリューを通じて、摘出した髄核を機械的に吸い上げます。
●縦カットではなく、横カットにより、髄核を摘出します。
●摘出された髄核はコレクションチャンバー部に溜まり、キャップを外せば簡単に髄核をとりだすことが可能です。
●チャンバー部には摘出した量が分かるよう、0.5cc, 1.0ccの目盛がついています。
●本体、先端部の長さを調節することが可能(10〜20mm)
●本体にバッテリーが内蔵されているため、付属機器は必要ありません。
●単回使用品です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。