体温調節装置システム クーデック®アイクール CBP-110
製造販売企業:大研医器株式会社

● 製品について

【心停止後低体温療法が必要な患者さんに対し、脳温を低下させることを目的として使用する新しいデバイスです。】
心原性の心停止蘇生後の脳保護に低体温療法が有用であるとAHAガイドライン(2010年)で推奨されています。しかし、現在の低体温療法は「時」〜「日」のオーダーで治療効果を発揮しています。そこで、循環動態に影響を与えずに「分」のオーダーで脳温を低下させることができれば、低体温療法の有効性をさらに高める可能性があります。これを目的として岡山大学と共同開発したのがクーデックアイクールです。

● 特長

●全身冷却に先立ち使用することで、早期に脳温の低下が期待できます。
●咽頭部・食道部に冷却カフを挿入し、冷却カフを介して熱交換します。
●冷却カフのカフセンサで冷却水温度冷却カフ圧を監視・維持します。
●冷却カフは気管チューブに沿うチューブ形状をしているため、気管チューブに沿わせながら挿入できます。
●冷却カフはバイトブロックの目盛りで挿入深度が確認できます。
●冷却カフは患者さんの体格により3種類のサイズから選択できます。
●ブリスターは内部の滅菌を維持した状態で機器本体に装着できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。