超音波サブシステム cQuest Cicada™

● 製品について

【ソフトウェア開発を今日から開始できる!】
cQuest Cicada™は、最大128chのフロントエンド開発プラットフォームです(32chおよび64chも対応可能)。超音波診断装置のフロントエンドを設計するために必要な要素を提供します。

※本製品のお問い合わせ先について
本製品は株式会社アルティマから医療従事者(エンドユーザー)への直販はいたしておりません。

■医療従事者様(エンドユーザー)
・お取引のある医療機器メーカーにお問い合わせ下さい。
・医療機器メーカーのご紹介をご希望の場合は、株式会社アルティマホームページ内、お問い合わせボタンよりお問い合わせ下さい。

■医療機器メーカー様
・株式会社アルティマホームページ内、お問い合わせボタンよりお問い合わせ下さい。

● 特長

●完全な64ch送受信フロントエンド開発プラットフォームです。
●Cephasonics AutoFocus™ビームフォーマーテクノロジ搭載
●±100V高耐圧電源に対し、15VDC入力1本で対応できます。
●USB2.0&PCIe x4ホストインターフェイスです。
●ZIF260プローブインターフェイス(3:1多重化)
●ハイレベル超音波APIソフトウェア(Linux/Mac OS X)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。