乳児腰椎穿刺シミュレーター

● 製品について

【腸骨稜と脊柱の触診により、正しい位置への穿刺練習が可能です】
左側臥位で首と膝を曲げた10〜12ヶ月齢の乳児のモデルです。

● 特長

●腸骨稜が埋め込まれ本物さながらの構造を再現しています。
●脊柱、脊柱管、皮膚パッドは取り外しでき、簡単で手間のかからないトレーニングが可能です。
●腰椎穿刺は、L3〜L4間、L4〜L5間、またはL5〜S1間で実施可能です。
●腸骨稜と脊柱の触診により、正しい穿刺位置を特定できます。
●穿刺針を正しい穿刺位置にゆっくりと刺入していくと、抵抗の弱まる箇所があり、針が適切な位置に到達すると髄液が流出します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。