血圧測定トレーニングアーム

● 製品について

【看護シュミレータ用の血圧測定トレーニングアーム】
この左腕モデルは人工肛門付き看護シミュレーター(W45011)に取り付けて使用できます。収縮期血圧と拡張期血圧、聴診間隙、脈拍数を任意に設定でき、カフ圧はディスプレイ上に表示されます。

● 特長

●カフ圧が設定した収縮期血圧より低くなると、橈骨動脈で脈を触診できます。
●収縮期血圧から拡張期血圧まで肘前部位で第1点から第4点までのコロトコフ音(第5点は無音)を聞き分けられます。
●聴診間隙を選ぶとコロトコフ音は自動的に聞こえなくなります。
●心拍数やカフの収縮の設定に応じて、コロトコフ音は自動的に調節されます。
●供給電源はAC100Vから240Vまで対応します。
●音量調節ができるスピーカーが付属し、聴診器からの音をクラスで同時に聞くことがきる、血圧測定トレーニングアーム, スピーカ付き(110V用)(W45159)も御座います。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。