乳房検診アドバンスシミュレーター

● 製品について

【必要に応じて腫瘍を入れ替え、乳房触診・検診を行えます】
通常の触診や自己検診の指導に加え、このシミュレーターでは実際の患者にみられるような胸部の組織密度のばらつきを実際に再現して指導できる点が大きな特徴です。

● 特長

●状況設定に応じて異なるサイズ(直径1〜4cm)、形状(球状、卵形、不整形/星状)、密度の腫瘍を胸部に挿入しトレーニングを行えます。
●腫瘍には腺腫、嚢胞、悪性腫瘍、リンパ節腫大が含まれています。
●製品本体には触知可能な肋骨、胸骨、鎖骨、ならびに腋窩下と鎖骨下にリンパ節腫大が再現されています。
●皮膚上には炎症を伴う橙皮状皮膚、乳頭陥没、皮膚の陥没や非対称もリアルに再現されています。
●臥位での触診を基本としますが、必要であれば立位での触診も可能です。
●皮膚カバーを外した状態でのトレーニングも可能です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。