外部スピーカー付き血圧測定トレーニングアーム

● 製品について

【脈拍数、収縮期血圧/拡張期血圧など、任意に設定できます】
生体で測定すると多くの場合血圧は聴診しづらく、慣れている学生でも正確な測定は非常に困難です。このトレーニングアームには電子制御が可能なスピーカーが埋め込まれており、インストラクターが収縮期血圧と拡張期血圧を任意の値に設定できるほか、脈拍数、音量の調整も可能です。また、第1点から第5点までのコロトコフ音の変化を聞き分けられます。

● 特長

●弁を開くと圧が発生し、脈圧計から直接読み取りが可能です。
●血圧シミュレーターを使えば、設定した血圧の数値が特定できるので、測定者の技能判定が明確に行えます。
●外部スピーカー装置により、通常聴診器を通して一人の測定者にしか聞こえない音を、教室全体で聞くことができます。
●電子制御装置には手動調整ボタンがついているので、あらゆる脈圧計の使用が可能です。
●聴診器は付属していません。
●付属する外部スピーカーは、写真中のものとは異なります。
●外部スピーカー無しタイプ(W44085)も御座います。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。