耳小骨,20倍大モデル

● 製品について

この三次元模型は、他に類を見ない正確さで正常なヒトの耳小骨を20倍に拡大して再現したものです。大型の医療用コンピュータ断層撮影装置と同様の機能を持つマイクロCTを使用することによって可能になりました。

● 特長

●大きさわずか数mmの実物のツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨をマイクロCTでスキャンすることにより、非常に薄い高分解能の薄層画像を得ます。
●コンピュータ技術によってこれらを三次元的に再生します。
●このようにして、構造体を破壊せずにその微小構造を再現することができます。
●その結果得られた人体における最も小さい骨(アブミ骨)とそれに隣接する骨(キヌタ骨、ツチ骨)の精妙な構造をご覧下さい。
●小骨同士はマグネットで関節されているので、磁極によって自然と正しい位置と角度で引き合うようになっており、切り離しも簡単に行えます。
●BONElike™という特殊な素材を使用し、外観・質感共に実物に極めて近く再現されております。(A100)
●PVCモデル(A101)も御座います。再現性は若干劣ります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。