脊椎ケージ Solitaire-C スペーサー

● 特長

●スクリューの設置が可能なスペーサーでありながら、椎体前面に突出しないゼロプロファイル設計により、食道と干渉するリスクをなくします。
●フェイスプレートをチタン製にすることにより強度を確保し、スクリューとのロッキングを強固にしています。
●チタン製のスペーサーバンドと、PEEKスペーサーの後部に埋め込まれたタンタルマーカーが、設置位置の視認を容易にします。
●2タイプのスペーサープロフィール(パラレル/ロードティック7度)
●スクリューは頭尾側に35度、内側に7度の決められた方向に設置されます。
●術中にサイズの識別を容易にするカラーコードが、スペーサーのフェイスプレートとバンド、そしてスクリューに施されています。
●多くの移植骨が入るように広く大きくデザインされたボーングラフトホールを有します。
●アナトミカルフィットするスペーサー形状です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。