3D-CGで学ぶ肺区域解剖

● 製品について

肺の外観から気管支・動脈・静脈の立体構造を3DCGで再現したソフトウェアです。

● 特長

●肺の外観から内部までを400以上(3D View含む)の3D-CGで再現、360度回転が可能です。
●気管支・肺動静脈の基本と変異型を詳細に提示し画像の保存もできます。
●3Dのコンピュータグラフィックは著者自身が作成しており、豊富な経験と正確な知識に基づいています。
●収載された動画から任意の静止画を保存し教材や患者さんへの説明、電子カルテ、プレゼン等にも利用可能です。
●立体感あふれる3D Viewをほぼ全画像で作成、3Dメガネ(アナグリフ形式)の使用で立体的に観察できます。
●初版から各種画像の追加・訂正、操作性が向上しています。
●TNM分類2010に基づき、肺・縦隔リンパ節マップを改訂。
●英語表記・英文説明を追加。マウスホイールでも画像の回転が可能になりました
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。