LOGIQ E9 with XDclear

● 製品について

【早期発見のためにXDclearプローブを搭載し、LOGIQ E9は新しく生まれ変わりました】
正確性、安全性、効率性、そしてリアルタイム性を向上させた、LOGIQ E9。従来の診断装置の“常識"を超えて、超音波診断の可能性を広げました。低侵襲でより正確に診断や治療効果判定、フォローアップが行える、Volume Navigation機能。検査時間を短縮し、検査を標準化するScan Assistant 機能。無理な姿勢をとらなくても検査に集中できる、フローティングキーボードやフレキシブルな大型モニターなど、すべての機能やシステムデザインは、超音波診断を必要とする人の「使いやすさ」をイメージして開発しました。さらにシングルクリスタルをコンベックスプローブに採用したXDclearプローブを新たに搭載。分解能とペネトレーションの両立を実現しました。

● 特長

●コンベックスプローブにS/Nの高いシングルクリスタルを新しく採用したXDclearプローブを装備。感度を高めるアコースティックアンプリファイヤー技術やレンズ表面の温度上昇を低減するクールスタック技術の採用により分解能とペネトレーションの向上の両立を実現しました。
●CTやMRなどの画像と超音波画像を同一画面に表示し、リアルタイムに画像の比較が行えます。
●肝腫瘍の鑑別診断、治療効果判定に欠くことのできない造影検査。カラードプラでは捕らえられない詳細な血流情報を、超音波造影剤ソナゾイドを用いて描出します。
●ワンタッチで超音波診断装置本体のハードディスクにRAW Data形式で保存することにより、検査の後からじっくりと観察、診断が行えます。
●検査を標準化して短時間で行えるScan Assistantを開発。頸部から下肢まで、全身の血管をスピーディに、かつ正確に計測します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。