超音波踵骨測定装置 A-1000 EXP II

● 製品について

超音波で踵の骨の骨量を調べる可般型の骨量測定装置です。骨代謝の早い海綿骨を多く含む踵骨を、約10秒という短時間で非侵襲的に測定でき、高精度と簡便性の両立を実現。被験者の負担を大幅に低減しました。

● 特長

●スマートドライ方式を採用し、踵へのアルコールスプレーによる測定が可能。高精度と簡便性を両立しました。
●重さ約10kgとコンパクトで軽いため、設置場所の移動も容易です。
●カラータッチパネルによるアイコン式の簡単操作。操作画面、測定結果ともに日本語で表示されます。
●超音波透過速度(SOS)と減衰係数(BUA)から導き出される総合的骨量指数「スティフネス値」で評価できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。