超音波多成分濃度計インライン型 FUD-1シリーズ
製造販売企業:富士工業株式会社

● 製品について

超音波と導電率を組み合わせる事により「3成分中の2成分濃度」が計測可能な濃度計となります。FUD-1 Model-12と同じく薬品耐性に優れた様々な発信器や防爆仕様等、汎用性に優れた濃度計となります。

● 特長

●3成分系溶液の2成分濃度がリアルタイムに計測可能です。2系統外部濃度出力はもちろん、警報出力、エラー出力により濃度管理システム構築が容易になります。
●超音波を利用しているので、振動、騒音、流速、色、汚れの影響を受けません。また溶液を汚染することなく、メンテナンス性に優れています。
●耐食性、耐久性に優れた多様な発信器を用意しています。
●標準仕様(Model-52)・防爆仕様(Model-62)があります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。