Myelin Isolation Beads, ヒト, マウス, ラット

● 製品について

ミエリンは、末梢神経系および中枢神経系において軸索を包む絶縁性の被膜です。マウスおよびラットにおける髄鞘化は、脊髄において生後あたりで開始され生後1カ月以内に完成します。ヒトにおける髄鞘形成は、脊髄において胎児期後半から開始され、生後1年頃までにピークを迎え20歳まで続きます。Myelin Isolation Beadsは、脱髄および再髄鞘化の研究に特に有用となるミエリン片定量のために、単細胞懸濁液からミエリン片を濃縮することが可能です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。