聴診器 マーク10RPS
製造販売企業:日本ライト株式会社|製造企業:アレンメディカル社(アメリカ)

● 製品について

【10Wをベースに共振位相シフト理論を採用した超高感度モデル】
以前5A、5Pで販売しており現在生産中止となっていたRPSが根強いファンの先生方のご要望にてマーク10タイプで再登場しました。
RPSとは、固有共振周波数ピークの異なる2本のチューブを組み合わせることにより、周波数ピークのズレを利用し、トータルにおいて理想的な音圧を得ようという理論です。2本のチューブにそれぞれ厳格に適切な長さを与えれば、一方の音圧が最小値の時に、もう一方が最大になるように設定することが可能になります。RPSビノーラルは、この理論に基づき2チャンネル方式を採用しました。

● 特長

●耳金具の一方にコイル状チューブ(ロングチューブ)を設けた結果、もう一方のシュートチューブの音圧が最小値の時、ロングチューブの音圧は最大になり、またその逆の場合はショートが最大の場合、ロングが最小となります。
●聴診器において最も重要な帯域である50〜500Hzにおける採音特性を高めます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。