運動負荷心電図測定装置 STS-2100

● 製品について

運動負荷試験のハイエンドマシン。周波数16,000Hzの高サンプリング取り込みと独自のデータ処理により、高品質な波形情報を提供します。

● 特長

●スリム&コンパクトなデザインで、検査室、RI室、心臓リハビリテーション室などあらゆる部門での設置レイアウトに柔軟に対応できます。
●視認性の高い19インチタッチパネルディスプレイを採用。フレキシブルな画面設定が可能で、見やすく快適に検査を行えます。
●操作手順に従ったキー配列で、迷わず簡単に検査を進められます。
●負荷試験中のSpO2を測定可能、より安全に検査を実施できます。
●電極装着位置を画面表示。インピーダンスチェック機能により、検査開始前に電極装着状態を確認できます。
●デジタル入力箱方式で外来ノイズなどの影響を低減し、16,000Hzの高サンプリング周波数で心電図データを取り込みます。波形の微小な変化も忠実に再現します。
●検査中・検査後などいつでもすぐに波形レビューが可能。過去波形との比較も容易です。
●診断情報システムとの連携が可能。DICOM規格での連携による検査オーダ情報や測定データの一元管理を行えます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。