運動負荷心電図プログラム QP-156D

● 製品について

プログラムを心電計ECG-1550・1560にインストールすることで、本格的な運動負荷試験が行えます。

● 特長

●プログラムを心電計ECG-1550/1560にインストールすることにより、トレッドミルあるいはエルゴメータと、血圧計をオンラインでコントロールし、心電計による運動負荷試験が行えます。
●ディスプレイの『アクチュアルサイズ』表示により、運動負荷試験中の12誘導心電図波形を、記録紙出力時と同じ大きさで、より見やすく同時表示します。
●ディスプレイを最も見やすい位置と角度に調節可能。画面から目を離さずに操作できるタッチパネル方式です。
●被検者からの心電図アナログ信号を、入力箱でデジタル変換してから心電計本体へ転送することにより、外来ノイズの影響を低減、質の高い運動負荷心電図データを提供します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。