脳波計 ニューロファックス EEG-1218/EEG-1224

● 製品について

デジタルファイリング脳波計のハイエンドモデル。測定から再生、データ管理まで、スムーズで快適な脳波検査を実現します。

● 特長

●高性能デジタル入力箱を搭載。外部からのノイズを大幅にカットし、信頼性の高い脳波測定を実現します。オプションセンサを装着することで、SpO2・ETCO2(日本光電オリジナル)測定が可能。
●操作パネル(※)はパネルキーを効果的に配置したコンパクト設計。
●多入力電極接続箱(※)の搭載により、最大256電極まで入力でき、高速サンプリングによる脳波測定が可能です。また、外部入力も16チャネルまで対応します。
●デュアルディスプレイ(※)対応。脳波波形と患者映像を別々のディスプレイに表示したり、2人の患者さんの脳波データを別々に再生することが可能です。
●測定から再生、データ管理までのすべての操作が共通画面(ニューロワークベンチ)で簡単・快適に行えます。
●測定ナビゲーション機能が、スムーズで確実な脳波検査をサポート。アイコンを順番にクリックしていくことで、手順通りの測定を行えます。
●ECGフィルタにより脳波に混入した心電図をリアルタイムで全チャネル同時に除去できます。
●測定した脳波データは、標準装備のハードディスク、CD-R、DVD-Rディスク、およびDVD-RAMディスク(※)、大容量ハードディスク(外付)(※)への保存が可能です。
●測定時、または再生時にFFT解析を行うことにより、脳波の周波数と振幅の変化をトレンドとして表示するDSA表示ができます。
●モンタージュを波形画面上に頭図の絵として表示します。
●各種脳波解析プログラム(※)を搭載し、測定データを多角的に解析できます。
●日本光電が提案している診断情報システムPrimeVita、脳神経生理検査データネットワークシステムCNN-2000シリーズのターミナル(端末機)として、そのままネットワーク化が可能です。

※ オプション対応

画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。