脳波計 ニューロファックス EEG-1214

● 製品について

コンパクトで移動性に優れたデジタル脳波計です。紙記録による脳波検査からペーパーレス運用まで幅広く対応可能です。

● 特長

●大幅な軽量化(従来比80%※)を実現し、キャスターには旋回ロック機能付きの大型キャスターを採用。これまでにない快適な機動性により、女性でもスムーズに移動することができます。
●USB接続による高性能デジタル入力箱を搭載。検査室からノイズの多い病棟・ICU・手術室まで、さまざまな環境で脳波測定を行うことができます。オプションプローブを装着することにより、SpO2・ETCO2測定も可能です。
●高解像度LCD搭載の17型ディスプレイに、紙記録と同寸の波形を最大64チャネル表示。
●測定した脳波データは標準装備のハードディスク、CD-R、DVD-RディスクおよびオプションのDVD-RAMディスク、大容量ハードディスク(外付)への保存が可能です。また、14チャネルのインクペン書記録器も備えており、従来のような紙記録による脳波検査にも対応可能です。
●測定画面では、画面の左にナビゲーションボタンが表示され、クリックしていくだけで手順にそった脳波測定を行うことができます。
●デジタルビデオソフトウェア(オプション)を組み込むことで、被検者映像と脳波の同期保存が可能です。
●ファイリングされた脳波データは、再生時にモンタージュやフィルタ条件を変更して表示・記録することができます。
●測定時、または再生時にFFT解析を行うことにより、脳波の周波数と振幅の変化をトレンドとして表示するDSA表示ができます。
●日本光電が提案している診断情報システムPrimeVita、脳神経生理検査データネットワークシステムCNN-2000シリーズのターミナル(端末機)として、そのままネットワーク化が可能です。

※ 従来モデル ポータブル脳波計EEG-1714と比較しています。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。