超音波診断装置 XARIO 200 TUS-X200

● 製品について

洗練されたボディに高画質性能を搭載したXarioが、大きな進化を遂げて新登場。使う場所を選ばない機動性、小さな病変を捉える優れた画質性能とやさしい操作性で確かな診断をサポートします。

● 特長

●XARIO 200は、XARIOの基本コンセプトを受け継ぎながら、よりいっそうの小型化と、高画質化を実現。また従来からの東芝独自のエルゴノミクスコンセプト・iStyle™をさらに進化させ、超音波装置を使い慣れていない方でも簡単に操作できることを目指しました。
●同等クラスの東芝製従来装置・XARIOと比較して占有面積で約84%、重さで約55%と、軽量・コンパクトを実現。設置場所の問題で導入いただけなかった診療所にも最適なサイズです。消費電力はXarioと比較して約半分に抑えられており、よりいっそうの省エネルギーを実現しています。
●XARIO 200は二つの送信回路を装備することでシーンに合わせて最適な送信を行い、高精細・高画質を提供するTwin Pulserを搭載。境界や構造物の視認性を向上させるPrecision Imagingや、コントラスト分解能を高めるApliPureTM、深部まで高い分解能を維持するDifferential THIなどのイメージング技術や、組織の硬さを映像化するElastographyなど、多彩な機能を搭載可能で、確かな診断を強力にサポートします。
●操作パネルは最低70cmまで下げられ、左右へのスイングも可能です。検査者はモニタを見上げることなく、楽な姿勢で検査ができます。操作パネルのボタン配置を自由に変えられるため、お好みに合わせた使いやすいパネルにカスタマイズが可能です。シンプルな操作で診療所や院内のさまざまなシーンに合わせて快適にご使用いただけます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。