聴覚誘発反応測定装置 Eclipse ABR
製造販売企業:ダイアテックカンパニー|製造企業:Interacoustics社(デンマーク)

● 製品について

【新技術により検査時間を短縮】
エクリプス・ハードウェアはパソコンと接続して使用するため、耳音響放射に加えて、あらゆる角度から聴覚誘発電位を測定することができます。検査データは、印刷レポートまたは電子形式でひとつのデータベースで管理します。モジュール方式のソフトウエアモジュールを選択して独自の検査システムの構築や、必要に応じてモジュールの追加が可能です。
この製品はABRモジュールです。EP15(診断用ABRシステム)、 EP25(臨床用ABRシステム)の2タイプがあります。

● 特長

●一般的な検査項目がプログラムされており、必要に応じて検査内容の追加や変更が可能です。任意で組み立てた検査項目は、マウスのクリックひとつで開始することができ、検査結果だけに集中することができます。
●検査中もパラメータの変更が簡単にできるので、検査の中断、再起動などの手間がありません。
●自動ラベリング機能、読みやすい形式、そしてわかりやすいレイアウト表示で、画面上の結果や印刷レポートを簡単に読み取ることが可能です。さらに、過去のデータとの比較も容易にできるため、検査結果の要点を素早く捉えられます。
●検査結果は、PDF形式で印刷、またはXML形式でエクスポートできます。
●クラウス・エルバリングにより開発されたCE-Chirp®音が従来のクリック音より最大2倍の反応振幅を誘発。ABR閾値を確定する際に大きな効果を発揮します。
●CE-Chirp®音は、最適な神経同期を誘発するために各周波数の蝸牛内の伝播時間が補償されます。この低域と高域周波数の時差相関によって神経反応が同期し、反応振幅をほぼ2倍に強め、より簡単な識別と分析を可能にします。
●500Hz、1kHz、2kHz、4kHzの閾値評価のために、CE-Chirp®音のナローバンド刺激音を使用します。
●計算方式にベイズ推定を採用することにより、検査結果が被検者の状態に左右されることが減り、鎮静剤使用の必要性が減少します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。