心電図変換ゲートウェイ

● 製品について

心電計から出力された心電図ファイルを、自動的にMFER+被検者情報・解析結果ファイルや、DICOM、JPEGなどの汎用画像ファイル形式に変換し、PACS・電子カルテなどに出力します。PACS・電子カルテなどから心電図検査結果を参照できます。

● 特長

●心電計(※1)から出力された心電図データを、自動的にMFER(※2)+被検者情報・解析結果ファイルや、DICOM、JPEGなどの汎用画像ファイル形式に変換し、電子カルテ・PACS(※3)等に出力します。
●導出18誘導レイアウトでの画像出力(汎用画像およびDICOM形式)が可能です。
●MWMによる他のシステムとの連携(※4)が可能です。
●ディスプレイ・キーボードを必要としないので、省スペースです。
●病院内のタイムサーバーと心電計を時刻同期させることができます。
●一般的なパソコンよりも信頼性の高いハードウェア(FAコンピュータ)を使用し、安心して使用できます。

※1 接続可能な機種については営業員へお問合せください。
※2 MFERに変換可能な心電図形式は、安静時12/15誘導、負荷後、マスタステップ後、リズム、RR間隔です。
※3 ECS-1000で発生した障害イベント情報を電子カルテ・PACS側で確認できる"RSS機能"を搭載。
※4 連携の詳細はお問合せください。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。