自動視野計 オクトパス600
製造販売企業:アールイーメディカル株式会社|製造企業:ハーグストレイト社(スイス)

● 製品について

【早期診断と、標準的な静的視野測定を1つの機器で】
オクトパス600は、TFTモニタで刺激と背景を作成する新しい視野測定技術を導入しました。これにより、キューポラベースまたは投影タイプの視野計では不可能であったパルサーなどの複雑な刺激を呈示することができます。緑内障の早期検出のためのPulsar視野測定と、長期フォローアップのための標準的なwhite-on-white視野測定を1台に搭載できたことで、限られた診療スペースにうれしいコンパクトなサイズであるだけでなく、優れたユーザビリティと検査時間の短縮によって患者さんのフォローアップ視野検査の受診率まで向上させます。

● 特長

●TFTモニタで刺激と背景を作成する新しい視野測定技術を導入
●32パターンのような一般的なプログラムに加え、オクトパスの標準として生理学に基づく検査パターンであるG2パターンを採用
●Octopus 7-in-1プリントアウトで視野評価が容易
●データ入力はタッチ画面式です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。