ベッドサイドモニタ CSM-1000シリーズ ライフスコープG

● 製品について

操作性、拡張性を考慮した新時代のベッドサイドモニタです。OR、回復室、ICU(NICU)、CCU、救急外来など、それぞれにとっての最適化をめざしたハイエンドモニタです。

● 特長

●OR・ICU・CCU・NICUなど、それぞれにとっての最適化を実現したハイエンドモニタです。
●最大3画面のマルチディスプレイ構成が可能です。
●マルチコネクタケーブルを挿入すると、自動的にパラメータを認識し計測を開始します。同時に画面も自動レイアウトされるので、常に見やすい画面を提供します。
●インターベッド機能でセントラルモニタを介さずに、LAN接続されたベッドサイドモニタ間でバイタルサインデータとアラーム発生状況を確認できます。16床の数値情報を一覧表示が可能です。
●OCRG(OxyCardioRespiroGram)対応。呼吸圧縮波形を表示し、瞬時心拍とSpO2トレンドのコンビネーションで的確に過去の無呼吸の状態を把握できます。
●前負荷と心拍出量をグラフィカルに表示することで、最適な輸液管理に貢献します。
●12誘導心電図解析機能対応(オプション)。心電計と同じ精度で12誘導心電図解析が可能です。
●ニューロユニットAE-918P(オプション)の追加により、脳波の測定が可能です。また、aEEGの測定も可能です。
●Webブラウザ機能を搭載しています。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。