送信機 ZS-940P

● 製品について

心電図、呼吸、SpO2、非観血血圧の測定および送信が可能。救急外来、病棟、院内搬送等でのモニタリングに最適です。

● 特長

●心電図、呼吸、SpO2、非観血血圧の測定および送信が可能。患者さんとモニタがケーブルで接続されないので、ベッド周りもスッキリ。患者さんの拘束感を和らげます。救急外来、病棟、院内搬送等でのモニタリングに最適です。
●血圧値(最高・最低・平均)、SpO2値、脈拍数を液晶画面に表示。送信機側でも計測値を確認できます。
●測定方法は、手動、連続、5〜240分間隔から選べます。
●シンセサイザタイプの送信機(※)です。ゾーン配置に応じて送信チャネルを自在に設定・変更できるので、より効率的な設備運用を行えます。

※チャネルライタQI-901P(オプション)を使用し、特定小電力無線局医療用テレメータに定められた送信チャネル(全480ch)から、任意にチャネルを設定できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。