BISプロセッサ QE-910P
製造販売企業:日本光電工業株式会社|製造企業:コヴィディエン社(アメリカ)

● 製品について

日本光電製生体情報モニタと接続することで、バイスペクトラルインデックス(BIS値)をはじめとする各解析項目の測定が可能となります。

● 特長

●日本光電製生体情報モニタと接続することで、バイスペクトラルインデックス(以下BIS値)をはじめとする各解析項目の測定が可能となります。
●BIS値は、Covidien社独自の計算技術により求められた0〜100の数値です。値が高いほど覚醒を意味し、値が低くなるにつれ催眠が深くなっていることを示します。
●4つの電極で2チャネルのEEGを導出。BISモニタ Vista A-3000と同等レベルのEMG(筋電活動)ノイズフィルタリング性能を有します。
●手術室・ICU・歯科麻酔領域、鎮静を必要とする治療・検査などに活用できます。
●電気メス使用時のノイズフィルタリング性能が大幅に改善されました。
●プロポフォールに代表される催眠作用のある静脈麻酔はもちろん、吸入麻酔においても、大いに力を発揮するという報告が多数あります(注:鎮痛効果や筋弛緩効果は反映されません)。
●術中のさまざまな刺激や麻酔器のトラブルによる患者さんの予期せぬ覚醒を発見しやすくなります。
●麻酔薬使用量を最適化することにより、患者さんの予後向上につながります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。