TOFウォッチ®/TOFウォッチSX®
販売企業:日本光電工業株式会社|製造販売企業:日本オルガノン社(日本)

● 製品について

筋弛緩薬のより安全な使用、かつ合理的な患者管理のために開発された筋弛緩モニタリング装置。手術中における筋弛緩の程度や挿管・追加投与・リバース等のタイミングを把握する上で有用な数値を表示します。

● 特長

●気管挿管から抜管まで、筋弛緩の程度をデジタル表示します。
・筋弛緩状態を数値により定量評価が可能
・スムーズな気管挿管を行うタイミングの目安に
・手術中の個々の投与量に応じた、追加投与の適切なタイミングの目安に
・強い筋弛緩相における筋弛緩状態の評価に
・回復期における拮抗薬投与や抜管時期の適切なタイミングの目安に
・残存筋弛緩のレベル評価に
●閉鎖神経ブロック専用コード(別売)に差し換えるだけで、閉鎖神経ブロックモードに変わり、適切なパルス幅(40μs)、電流値(0〜6.0mA)が得られます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。