セントラルモニタ CNS-9601

● 製品について

「医療現場の安全管理」をサポートするため、アラームにこだわったセントラルモニタ。 有線・無線混在で最大16人のモニタリングが可能です。

● 特長

●有線・無線混在で最大16人のモニタリングが可能。
●構成にあわせて受信機まで一体型でコンパクトに設置できます。もちろん、受信機を本体から離れた場所に設置することも可能です。
●タッチパネル方式で操作が簡単。画面のキーに触れるだけで、即座に呼び出したい画面や機能を表示します。
●磁気カードリーダまたはバーコードリーダによる患者属性入力が可能(オプション)。ワンタッチで入力できます。
●緊急度に応じてLEDが点滅。視覚的にもサポートします。
●アラーム(緊急/警告)が発生した患者さんの画面枠が点滅します。複数の患者さんのアラームが同時に発生した際には、緊急度の高い順に点滅するので、適切な対応が可能です。
●上下限アラーム、不整脈アラーム、テクニカルアラームの発生が最大8人まで一画面で時系列表示され、アラーム発生状態を一目で把握できます。また、個人アラームイベントでは各種レビュー画面とリンクし、アラームの分析ができます。
●モニタリング中の患者さんの上下限アラーム値を最大8人分一括で確認、設定ができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。