スタンドアロン麻酔記録装置

● 製品について

ベッドサイドモニタから術中のバイタルサインデータを自動で収集し、麻酔記録上に自動でプロットします。また薬剤投与量、水分バランスをリアルタイムで自動計算・表示し、効率のよい麻酔記録作成をサポートします。麻酔記録データをもとに麻酔台帳や通知票も自動作成でき、麻酔管理業務の効率アップを実現します。

● 特長

●ベッドサイドモニタから術中のバイタルサインデータを自動で収集、麻酔記録上に自動プロットします。
●薬剤投与量、水分バランスをリアルタイムで自動計算・表示します。
●タッチパネルで簡単操作。術中のイベントをワンタッチで入力できるファンクションキー入力やリストから選択するだけのメニュー入力など、入力サポート機能が充実しています。
●麻酔記録、患者基本情報をもとに麻酔台帳を自動作成します。
●投与した薬剤、輸液、輸血のデータをもとにコスト請求に必要なボトル数、アンプル数を自動計算し通知票を自動作成します。
●麻酔終了時に麻酔記録画面イメージ(JPEG)や、麻酔台帳、通知票のデータをテキスト形式(当社指定フォーマット)で出力できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。