炭酸ガスレーザ手術装置 LASERY 15Zμ
販売企業:株式会社エムエムアンドニーク|製造販売企業:澁谷工業株式会社(日本)

● 製品について

炭酸ガスレーザは、1964年Patelにより初めて発振されたレーザで、10.6μmの波長を有し、水への吸収率が高く、組織表面に吸収するため出血が少なく、切開・蒸散能力が高いレーザです。

● 特長

●皮膚への深達性が小さく、組織表面のみ蒸散するため深部に対する熱影響が少ないレーザです。
●正常組織へのダメージを最小限に抑えた手術ができます。
●熱影響が限局的なので術後の浮腫・疼痛が少ないです。
●集点位置の調節、出力とそのモードなどの組み合わせで切開、蒸散、凝固の処置が症例に合わせて一台の装置で行うことができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。