実験動物用X線CT Latheta LCT-200
製造販売企業:株式会社日立製作所

● 製品について

実験動物用のX線CTです。動物を非侵襲的に計測できます。同一個体を経過観察できますので、経済的です。また、標準の解析ソフトウェアによりRAWデータを使用した脂肪、骨、体積等の定量的解析が可能です。

● 特長

●高感度マルチチャンネル検出器の採用により短時間での画像収集が可能です。
●最小24μmの画素分解能で生体マウスでの経過観察、測定が可能です。
●積算モードなどによる画像収集により高コントラストを実現しました。
●研究目的により適切な撮影モードを選択する事で最適な画像を収集する事ができます。
●標準・高精度・超高精度・積算モードの撮影が短時間で測定でき、同時に画像再構成処理を実施するためラット・マウスの測定後、直ぐ解析作業が可能です。
●装置内部のみをX線管理区域に設定できるため、設置場所をえらびません。
●断層撮影画像はDICOM、JPG、BMPの形式で出力し3D画像を作成することができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。