内診バーチャルリアリティーモデルII型 LM-095N
製造販売企業:株式会社高研

● 製品について

内診演習において、これまで不可能であったモデル内での指の動きを可視化し、教育者から訓練者へ、内診時の二指の動きを具体的に示すことができます。また、訓練者の二指の動きを、教育者が確認することができます。

● 特長

●内診モデル用外陰部II型は伸びがよくやわらかい素材で、膣壁が指にまとわりつく感触を感じられます。
●指に装着するセンサーにより、二指間の距離、指移動距離が計測、表示できます。
●坐骨棘を結んだライン(ステーション0)を表示できます。
●触れているモデルは生体に近い素材を採用しています。子宮頸管等きわめてリアルに確認することができます。
●パソコン上の3次元画像を自由に動かすことで、あらゆる方向からの確認が可能です。
●妊娠末期から分娩開始時のビショップスコア(子宮頸管の開大度、展退度、硬度、位置)を確認できます。
●子宮口の開大度が異なる3種類の模型と児頭模型を入れ替えて、児頭の下降度を調整し、内診による分娩進行の診断をすることができます。
●児頭模型は矢状縫合と小泉門の位置の工夫により、児頭の回旋状態を確認することができます。
●分娩時の胎児の回旋を3Dアニメーションで確認することができます。
※本製品は、モデルとパソコン画像が完全に一致するものでは無く、術者がモデルで行っている内診を指導者がパソコン画像より、おおよそどの辺を触診しているかを認識できるモデルです。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。