鼓室内空気圧の調整説明モデル

● 製品について

【気圧の変化による鼓膜の湾曲、調整により戻る様子を再現できます】
例えば標高の急激な変化によって鼓室内気圧が変動したとき、鼓膜は外側や内側に湾曲します。このとき耳管は、飲み込み動作を利用して圧力を大気圧と合わせ安定させます。このモデルでは、鼓膜が膨らんだりへこんだりする動作とその直後の気圧を合わせる動作のデモンストレーションが可能です。

● 特長

●耳管による鼓室内空気圧の調整機構を理解することができます。
●交換用の膜および指導者用手引書(英語・ドイツ語)が付属しています。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。