トロップT センシティブ

● 製品について

全血で150μLを滴下するだけで、15分以内に血中心筋トロポニンTを判定。全血中心筋トロポニンT検出用定性キットです。

● 特長

●迅速性が常に求められる"急性心筋梗塞"の診断と治療。
●「トロップT センシティブ」は、150μLの全血を滴下するだけで、短時間に心筋梗塞の診断ができ、より的確な治療方針が立てられます。
●迅速診断…15分以内に結果が判明します(※1)。
●全血測定…全血を用いるので血清分離が不要です(※2)。
●簡単な操作…分析機器を必要としません。
●簡単な判定…ライン本数による定性判定。簡単に判定できます。
●高い特異性…心筋トロポニンTに特異的なモノクロール抗体を用いています。
●長い診断時間帯…発症後1〜2週間にわたり心筋梗塞を確認できます。
●検体定量シリンジ付…150μLを簡単に定量できます。

※1 トロップT センシティブを用いて判定する場合、発症後4時間以内では心筋トロポニンTの遊出量が少ないために血中濃度が低くなり、陰性を示すことがあります。発症早期(4時間以内)に判定する場合には、トロップT センシティブが陰性であっても心電図などから総合的にご判断ください。
※2 検体は抗凝固剤(ヘパリンまたはEDTAのみ)を添加したものをご使用ください。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。