胸部外傷トレーナー LM-093
製造販売企業:株式会社高研

● 製品について

高エネルギー外傷は、複数の外傷を合併することが多く、胸部外傷は治療の優先順位を決定するのに中心的な外傷と言えます。この胸部外傷トレーナーは、閉塞性ショックの処置の実習に外科的気道確保の実習をプラスしたモデルです。

● 特長

●5つの手技が実習できます。(輪状甲状靭帯穿刺、輪状甲状靭帯切開、胸腔穿刺(左右)、胸腔ドレナージ(左右)、心嚢穿刺)
●穿刺・切開部位には、気道、輪状軟骨、甲状軟骨があります。
●切開孔を広げる手技として輪状軟骨と甲状軟骨が開く構造になっています。
●エアーを入れることにより、左右の胸郭を隆起できます。(緊張性気胸、皮下気腫)
●胸郭の隆起に連動して頸静脈の怒張を再現できます。
●実際に切開を行える切れ込みのないタイプと、あらかじめ切り込みが入った繰り返し使える2種類の部位があり、左右どちらでも手技が行えます。
●実際にドレナージチューブ(トロッカーカテーテルなど) を挿入できます。
●心嚢穿刺の穿刺部位を特定するための骨格(剣状突起、肋骨弓)があります。
●正しい角度・深さで穿刺を行ったときに模擬血液を引くことができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。