電気刺激装置 SEN-8203

● 製品について

神経生理学、薬理学分野等で要求される多様なニーズに応えるべく開発された汎用型3チャネル電気刺激装置です。

● 特長

●刺激波形は、3チャネル別々に設定できますので、異なる3部位への同時刺激が可能です。
●各チャネルは、それぞれ独立したトレイン刺激を取り出すことができます。
●各チャネルの刺激波形の設定とは別に、各チャネルをトリガするメインインターバル部を内蔵。
●トレイン刺激の繰り返し時間や刺激回数も設定できます。
●各チャネルはトリガ信号としてメインインターバルをはじめ、他のチャネルの遅延時間、パルス終了時間、及び外部信号のいずれかを選択でき、各チャネルの同期関係を自由に設定できます。
●外部信号のトリガ入力を別々に持っていますので1チャネルのパルス列発生器3台として、各チャネルを独立に動かすことも可能です。
●最大±50V、400mAの出力容量を持つブースタアンプの内蔵により、第1チャネルの出力端子で直接フィールドスティムレーションを行うことができます。
●第1チャネルはパネル面の設定だけで第2、第3チャネルの波形を合成(加算)して出力できます。
●この機能を用いると、本装置1台で両極性刺激波や複合刺激波が簡単に取り出せます。
●内部基準発振には水晶振動子を用い、サムホイールスイッチとカウンタICにより時間を決めています。
●各時間の設定は極めて正確です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。