微小電極用増幅器 MEZ-8301

● 製品について

この装置は、細胞内電位の測定や誘導・通電に最適の増幅器です。高入力インピーダンス、低入力リーク電流の素子をおさめたプローブは、小型化により対象のすぐ近くに配置できます。またプローブ入力はよく使われている2mmソケット方式ですので、電極ホルダの使用によりガラス電極の着脱が簡単に行えます。実験目的・対象により3種類のプローブを用意してあります。

● 特長

●専用小型プローブにより、同一微小電極による細胞からの電位誘導と定電流刺激ができます。
●プローブは、マニピュレータに直接取付可能。入力は2mmソケットを使用、種々の電極ホルダ(オプション)も準備。プローブは、内部で入力部分をドリブンシールドすることにより、浮遊容量の減少を図っています。
●外部同期可能な三角波発生器により、測定中も電極抵抗や周波数特性のモニタが可能です。
●分極電圧・静止電位などの直流電位を、デジタルメータの表示から直読できます。
●BREAKモードで使用すれば、薬物・色素の注入時や、電極がつまった時などに、外部からの大電流を流し込むことができます。
●CAL OUT使用により、プローブの機能チェックが簡単に行えます。
●余分な高周波成分をカットしてノイズの低減を図れます。
●電気刺入を容易にするバズ機能が可能です。(オプション)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。