外回転モデル LM-080
製造販売企業:株式会社高研

● 製品について

母体本体は、妊娠36週の日本人女性を想定して作られています。模擬羊水としてグリセリンを羊膜に入れると、胎児の回旋ができますので外回転術の演習が行えます。 模擬羊水の量を意図的に変えることができます。

● 特長

●羊膜に模擬羊水を入れることで、外回転術(逆子胎児の回旋)の演習が行えます。
●羊膜の形状が、骨盤に添っているのでリアルな演習がおこなえます。
●胎児は、頭、手、足の部分が他の部分よりも硬く、また背中に背骨を仕込んでいますので表皮の上からでも胎児の状態がわかるようになっています。
●材質は特殊シリコーンゴムです。
●外観および感触ともに生体に近く、演習に臨場感を与えます。
●骨盤外計測および乳房管理の練習、指導ができます。
●模擬羊水の量を調節することができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。