超音波気管支内視鏡トレーニングモデル LM-099
製造販売企業:株式会社高研

● 製品について

極細径気管支内視鏡の挿入トレーニングに加え、超音波気管支鏡ガイド下経気管支針生検(EBUS-TBNA)のトレーニングに使用できます。穿刺部位の感触がよりリアルになり、外筒法による手技が可能になりました。

● 特長

●超音波内視鏡を用いて、穿刺部位の中に埋め込まれているリンパ節の画像を見ながら、目標のリンパ節に穿刺する超音波気管支鏡ガイド下経気管支針生検(EBUS-TBNA)の手技練習ができます。また、穿刺部位や軟骨を内視鏡で触れた時の感覚も忠実に再現しているため、外筒法による手技練習も可能です。
●気管支本体は、特殊製造方法により極細気管支を再現しているため、V次気管支(例:B1aiαなど)まで再現されています。極細気管支鏡では、V次気管支までの挿入が可能です。
●頭部モデルが付属されており口腔部から超音波内視鏡が挿入でき、気管食道分岐部が確認できます。
●材質は、特殊シリコーンゴムを使用しています。その弾性により、気管支内視鏡の挿入感覚は、人体に近い感触を感じることができます。また、気管支内部は人体に近い色彩です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。